theater project hatori

活動内容

舞台製作

企画、脚本、演出から制作までを一貫して行ないます。
演劇は生(ナマ)で観客に届けるしかありません。その場一回限りという点において映像とは決定的に違うものです。お金を払って劇場に足を運ぶ観客が「来て良かった」「観て良かった」と思うには、「分かりやすい」という事が必須の入り口になります。
感動を呼ぶために我々は作品を可能な限り「緻密」に創ります。「緻密」の積み重ねこそが違和感なく自然に見える舞台を創り上げ、台詞や音楽の調べを「ある時は軽快に、ある時は重厚に」響かせるのだと考えているからです。
予算、人員、劇場、開幕までの残り時間等々、与えられた条件下、作品を創り上げる上でのベストな選択を行ない、劇場に来ていただいた方に「感動」をお届けする。それが私達の考える「演劇」のありようです。
すべては観客のために。
舞台製作の三つの要素

講演・ワークショップ

演劇の可能性・魅力に触れ、好奇心に気づき意欲を高めます。
人間は誰しも、言葉と身体を使い、理解と共感をえようとしています。俳優でなくても、「考えた事を表現し、相手に伝える」という事を日常の中で行なっているのです。そこに演劇のテクニックを加えることで、より深く伝達することが可能になります。
演劇の「わかりやすい」「説得力のある」という特性を多様なジャンルに生かした研修や、演劇未経験の方に体験し触れていただく事で、新しい楽しみ方をご提案するワークショップの講師を務めています。
生長意欲に合わせた指導法

俳優育成

ひたむきにレッスンに励み、地道で骨の折れる作業を続けることによってしか、 舞台の感動を生む俳優にはなれません。オーソドックスな表現にこだわる羽鳥メソッドにより、ミュージカル俳優、舞台俳優を育成するための専門レッスンを行なっているのが羽鳥塾です。
ミュージカルクラス
  • 俳優初級クラス
  • ジュニアクラス
  • 作品研究クラス
「歌い」、「踊り」、「演技する」という基本技術の習得から、 プロのミュージカル俳優として通用する登場人物の造形まで、 「技術・精神・身体」の3つに亘り、多様な表現力を学んで頂きます。 シアタープロジェクト羽鳥の公演にも参加のチャンスがあります。

演技クラス

プロ及びプロを目指す俳優が自己研鑽を重ねる場です。 演技を本格的に学びたいと思っているダンサーや歌手、 タレントの方もご参加頂けます。「立つ」「歩く」「声を出す」を演技の基本として、 日本語の特質を踏まえた羽鳥メソッドにより、徹底的な演技訓練を行ないます。

個人レッスン

個人の抱えている問題点を技術的且つ精神的アプローチの両面から解決していきます。 差し迫ったオーディション等、急を要する演技指導が必要と判断させて頂いた場合、 個人のご要望に沿ったレッスンを行います。
演劇人として必要な要素
Copyright © 2012 theater ploject hatori. All rights reserved.