あらすじ

退屈な毎日…心がざわめくの…

夜物語のおはなし

オランダ児童文学に与えられる最高の賞、「金の石筆賞(せきひつ)」を受賞した「夜物語」。

普通の生き物のように結婚し、子孫を残し、死にたいと願い、旅に出る妖精。
屋根裏の人形の家でそっと生きている小人。
その2人の出会いからお話しは始まります。

妖精の口から語られる話に小人はどんどん引き込まれ、
いつしか過去と現実が溶け合い、
新しい未来へと2人は向かっていきます。

死とは何か、生とは何か、結婚とは何か、そして愛とは何か。
観客の心に静かに響き渡ります。

原作の持つ深遠なテーマをミュージカルに出来ないか、
2003年に第一稿を書き上げ、少しずつ練り直しながら、
2007年、小人と妖精の織り成す愛の物語として完成しました。

作曲をして頂いたのは本田成子さん。
何年かかっても構わない、脚本から音楽が聴こえてくるまで
創作を急がないで欲しいと2004年に依頼。
そして2年の歳月を経て2006年に完成。

20曲の美しいメロディーが出来上がりました。

2007年に入り、作詞、脚本の手直しが本格的に始まると、
「マリリン」で作曲家として新境地を開いた 鈴木京子さんに
新たな曲作りを依頼。
そのダイナミックな曲想はストーリーを
より豊かなものにしてくれました。

2009年に前進座劇場で初演を迎えた「夜物語」。
この作品は新しい才能と巡り合いながら更に磨かれていきます。

平成22年度(第65回)文化庁芸術祭参加公演   羽鳥塾   シアタープロジェクト羽鳥
Copyright © 2010 theater ploject hatori. All rights reserved.